開業に至るまでの反省や教訓と、そして開業後の反省と教訓をUPしています

私は居宅介護支援で起業・開業しようと思いネットで色々と調べたのですが、私が思ったサイトがなく困りました。その経緯からこのサイトを立ち上げました。2月のオープンでしたので、その1年ほど前から、開業ケアマネの知人等から色々な体験談を聞き心の準備をしていました。

具体的な動きは、開業6か月前からです。ここから非常に忙しくなるので、計画的に進めていくことをお勧めします。

開業前に会社(法人)設立登記を!法人種別はよく検討しましょう

 

会社設立登記

介護保険の事業を行うには法人格が必要です。社会福祉法人、株式会社、合同会社、NPO法人等、何かしらの法人格を有していなければ法定事業に参入することはできません。言い換えれば個人事業主が介護保険事業に参入することはできないということになります。

その為、まずは法人格の取得が最初の仕事になると思います。一般的には株式会社か合同会社の設立が現実的ではないでしょうか?私は株式会社を設立しました。この手の内容については、当サイトよりも詳しく書いてあるサイトが沢山あるので、併せてご確認ください。

私なりの個人的な感想や失敗談等も含めまとめていきます。

指定申請は社労士に依頼しなくても自分でできる

指定申請

この指定申請は結構面倒です。作成する書類は決まっているので、そんなに難しくないのですが、細かい文言や写真の撮り方等、説明からは読み取れないものも結構多いです。

私の担当になった市の方に聞いたところ、「1回でクリアーできる事業所さんはほぼいない。」とのことでした。だから、やり直しになってもご安心ください(笑)そもそも1回でクリアーできるものではないので!

これが終わると結構ほっとします。私は気が抜けて風邪をひきました。

 

指定申請には、必要物品の購入しなければ申請が通りません。ポイントとして、経理の手間を省いて自動化させるのがコツです!つまり、クレジットカードと会計ソフト選びも大きなポイントといえます。その点も触れているのでチェックしてみてください。

居宅介護支援事業所の開業費用は160万円程

必要物品必要物品は意外と多かったです。いろいろといただいたものPCもあります。といった方は会社設立費含め100万円程度で行けると思います。

あとケアマネ1人で始めるのか?数人を見越して始めるのかでも随分と変わってきます。

ちなみに私は資本金以外に会社設立費と合わせて160万程使用しています。