居宅介護支援事業所に絶対に必要なオフィス家具

一人ケアマネでも絶対に必要なオフィス家具があります。

 

『設備等のガイドライン』に居宅介護支援事業の設備が、しっかりと記載されていますのでチェックしましょう!

参考URL:https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/fukushi-kaigo/kaigo/shinsei/kyotaku/1shinki/01.html

※『設備等のガイドライン』参照

 

ケアマネの人数に応じた机と椅子の数

※非常勤の介護支援専門員が居る 場合は常勤換算し、小数点以下は 切り上げ。

例えば、常勤が3人、非常勤の 常勤換算が1.2の場合は、3+ 2(1.2を切上げ)→5必要

 

うちは2月から私1人で開業です。4月から妻が入社で計2名になるので2つの机が必要になります。

 

机って新品はとっても高いんですね(汗)。片袖で超安くて19,800円。両袖で40,000~60,000円!高ーーーーい!

私の場合は、オフィスバスターズという中古家具のデパートのような、素敵な中古オフィス家具屋さんで1つ購入しました。ネットでも多数売っていますが、送料もそれなりに高いです。

色々と探してみることをお勧めします。

 

ちなみに横浜市の規定では、机のサイズは100×60です。結構小さいですよね。このサイズの机を見たことがありません(笑)子供の勉強机とか、このサイズなのでしょうかね?

 

私が購入したものは110×70です。12,000円で購入しましたが、まだまだ全然使えます

もう1つは社長ケアマネさんから頂きました。両袖机140×70!大きくて最高です。使いやすいです^^

ありがとうございました。

 

もう1つは父親の会社からもらいました(笑)120×70で、袖なしです。

 

そろっていなくも全然OK。そんなことよりお金の問題です。

 

少し話がそれますが、お金はどんどん無くなります。はじめのうちは売上だって少ないです。

お金が回りだし、会社が成長するまではうまく節約してください;^^

 

椅子は3つオカムラ製を購入。6,000円×3脚。リクライニングもOKなので十分です。

 

私は知らなかったのですが、こちらのサイトは結構安いです。

 

私が購入した中古オフィス家具のオフィスバスターズさんと比較すると、全般的には安いです。結構驚きました。えーーーー!もっと安い。。。メーカー等の問題もあるのでしょうが、やはり、設立費用は安く抑えたいものです。

 

 

鍵付き書庫

ここで注意したいのが机の袖の書庫は不可です。サイドキャビネットは不可ということになります。

書庫の種類にもよりますが、一般的な上下のもので100,000円近くもします。やっぱり高い!

 

私が買ったものは、上下書庫セット(上/両開き 下/三段引き出し)W900 D450 H2200

価格はなんと25,000円。安い!安い!でかいです(笑)

 

自宅兼オフィスですが、家にこの手の家具があると大きすぎてひきます。

 

うちでは上下を左右に分けて置いています。

 

スペアーキーはないので、1本1,000円程ですが作成しています。

 

こちらは、中古並みの価格です。う~ん。メーカーうんぬんはあってもやはり安いです!新品でこの価格は反則ですね。

 

自分で調べるといかに低価格かわかります。

 

オフィス家具もここまで価格が下がると、選ぶ要素が広がりますね。

 

 

会議室と相談室、又は会議室兼相談室の机と椅子

私の場合は、会議室と相談室は兼務です。分けて使えるほど、家には部屋が余っていません;^^

 

こちらも部屋の大きさ等、しっかりと規定されていますのでチェックしてみてください。

URL:http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kourei/jigyousya/shinsei/sisetsukyotaku/shinki/01/

※『設備等のガイドライン』参照

 

椅子は4脚揃えて、机は120×70のものを購入しましたが、150×70の方がよかったと思っています。

中古オフィス家具とオフィス家具通販のオフィスコムと合わせて揃えたらきっと安く収まりそうな気がします。

オフィス家具はオフィス家具通販のオフィスコム本当に高額なので、賢い買い物をしないとすぐにお金が無くなります。

 

まとめ

居宅介護支援事業所は、介護保険の法定事業です。

 

その為、決まりごとが多いといえます、部屋の広さ、机の大きさ椅子の数等、多くのことがガイドラインに記載されています。

 

部屋の大きさによって、ケアマネジャーの人数も制限せざるを得ません。

その為、事業を行うオフィスの広さや、何人のケアマネジャーで事業を開始するのか等、先のことも考えて行動することが大事なのではないかと感じます。