居宅介護支援事業所の介護ソフトの選び方介護ソフトの選定はいろいろと悩むところだと思います。大きい事業所であれば、ワイズマンやほのぼのといった大手に手を出すことが可能かもしれませんが、うちのように居宅のみのような会社はそんなことはできません。

 

他にも居宅とヘルパーのような会社も同様ではないでしょうか?

 

多分、多くの小さな介護系の会社は、まずは価格から入ると思います。私はそうです。

 

月額は安ければ安いほどいい。どんなに支払っても10,000円が限界。

 

インストール型はも~嫌だ

①バージョンアップは自分たちで送られてくるCDを入れてインストールか、ウェブ上からダウンロード→インストールです。

ま~当たり前といえば当たり前の流れですが、このバージョンアップの作業が面倒です。いちいち面倒です。

 

②バージョンアップでお金がかかることがある。

 

タブレットが使えないので、訪問時は利用票にメモをし、帰ってから転記作業です。その場で入力できたら楽なのにそれができない。う~ん。インストール型の介護ソフトは業務として効率が悪い。

上記だけでもだけでも十分嫌です。

 

そこで目を付けたのが、クラウド型ソフトです。インストール型と比べて、メリットが大きいです。何よりもタブレットでログインできるため、利用者宅訪問時や在宅ワークでも仕事ができます。ケアマネのICT化は必須と考えます。

 

クラウド型がインストール型よりも優れている点

①バージョンアップは勝手にやってもらえる。朝起きたらバージョンアップ完了!

 

②バージョンアップしても追加費用なしのクラウド型が多い。

 

③動作環境上推奨していないソフトもあるが、大体タブレットが使用できるも

のもある。

※推奨環境のチェックは必要。

 

インストール型と違い、PCが壊れてもデーターに影響なし。

 

⑤保険証を預からなくても写真が撮れる

 

訪問時、その場で記録が書ける → 残業も減る

 

私が見積依頼したクラウド型介護ソフト

※使い勝手の面でもいろいろと検討は必要ですが、私が実際に試してみたクラウド型ソフト、見積依頼したソフトは以下です。

 

FCケア

FCケアは無料の割には機能は高機能です。できればこれがいいなと思っていました。

電話サポートの購入で月5,000円。それでも安い。

唯一の難点が、『総合事業』に対応していない点です。ここだけクリアーできれば、とても素晴らしい管理ソフトだと思います。今後対応してもらえるといいですよね!

 

更新している31.4/14現在、FCケアは終了してしまったようです。残念です。

 

介護ASP

介護ASPは好きです。日立システムズが開発したクラウド型ソフト。

一人8,200円で使用でき、同時接続したい分のライセンスを買えば、複数の端末(PCやタブレット)からのログインが可能です。追加の1ライセンス価格は2,200円です。

 

このソフトは非常に賢く、私の望んだ機能がすべて入っていました。

例えば、提供票のFAXの鏡が提供票印刷時、自動で作成できる。伏字に対応、課題整理総括表、特定事業所集中減算等など、すべて合格。

 

意外と当たり前の機能は当たり前に備えているソフトは少ないです。探してみるとよくわかります。

 

最大の難点は、動作環境がwindowsOSに限られ、ブラウザもIEに限られます。FireFoxやGoogleChromeに対応していない。IEでも良かったのですが、windowsOSのタブレットがAndroidよりもやや高い等、色々と考えたのですが断念です。

 

けあ蔵

けあ蔵は国保連への伝送ソフトです1,000円程度で請求ソフトを契約する必要があります。顧客を管理する管理ソフトではありません。

顧客を管理し、伝送機能も付いているソフトはあるので、あまり効果的ではないような気がします。

 

ほのぼのmini

月額1,512円の介護ソフトほのぼのminiということで価格は十分お安いです。最高です。デモまでいかなかった理由があります。提供票送付時のFAXの鏡が作成できない為、見送りました。

 

ですが、このほのぼのminiは小さい事業所ではかなり積極的に取り入れられています。私が契約したトリケアトプスの営業さんも、そう言っていました。

この価格はもはや反則です。

 

ワイズマンセカンドライン

ワイズマンセカンドラインも低価格でありがたいのですが、事業が大きくなった時、インストール型のワイズマンやクラウド型のワイズマンに切り替えられないとのことです。関連性がないため、契約には至らずです。

 

ワイズマンセカンドライン

ワイズマンが運営するクラウド型がワイズマンセカンドライトになりますが、とにかく安い。でもかゆいところに手が届かないソフトです。

 

ワイズマンワイズマン

超高機能介護ソフトです。初期費用は50万程度かかってしまいます。タブレット運用も可能ですが。2台目以降は3,500円程度かかります。介護業界の老舗であり、個人的にもこのソフトがNo.1と言えます。資金があればぜひ導入したいところですが、高い!たぶんですが、思いつく機能でできないものはない気がします。

 

カイポケ

小規模事業所の強い味方カイポケです(笑)本当に多くの居宅介護支援事業所の方が使っています。急な価格改定の際は、いろいろなお話もありましたが、5,000円でこの機能はすごいです。

 

提供票は印刷せずに、ID,PASSを発行し、各サービス事業所で印刷してもうことができます。このシステムはすごいとしか言いようがありません。

 

経費の節約ができるので、他の介護ソフトも見習っていただきたいですよね。

 

又、タブレットの1台無償貸出も有難いですね。確か2年間の貸し出しだったと思いますが、正に業務短縮につながります。追加する際は3,000円程度だったと思います。

 

これって結構すごい!iPadを借りられるのは本当に便利!

すべてのソフトの機能を、タブレット画面で操作できるのは多分カイポケだけだと思います。多くの居宅介護支援で支持されるわけがわかりますね。

 

デモで利用させてもらいましたが、ソフト自体は使いやすいです。感覚で操作できます。

5,000円なら十分コストパフォーマンスの高いソフトといえます。

契約しようか相当迷いました。

 



 

 

トリケアトプス

トリケアトプスは実は見逃していたクラウド型です。見逃してい理由としては、ウェブサイトが可愛すぎる。利用者1人200円というシステム。

 

よくよく読んでみると利用者1人当たり200円かかるが、居宅介護支援は上限5,000円と安い!

しかも請求もこれ一つでOK。何人で複数の端末からログインしても、価格は同じ。(ここかではカイポケも同じです)。

 

これって結構すごいです。驚きました。

 

そこで、初めて、1か月みっちりデモを行い契約に至りました。

メリットばかりではありませんが、価格と機能は十分。

 

利用票、プランやモニタリング表のコピー機能、提供票の表紙作成も自動作成、マスキング機能、アセスメントにアセスを簡易化した簡単アセスメント。

 

特にひかれたのは、

アセスメントor簡単アセスメントを入力後 → 課題分析票(課題整理総括表のようなもの)に取り込み → プラン2票に取り込み

この機能は一連の流れでボタン一つでできてしまう為、非常にありがたいです。

 

 

他のソフトでも同じような機能はあると思いますが、私が試したソフトではトリケアトプスのみです。

 

カイポケでも、できるのであれば、お勧めと思いますができなかったです。

カイポケが、FAXの表紙自動作成、アセス→課題整理総括表→プランといったように、ボタン一つで取り込めたら、トリケアトプスよりも上だと思います!進化に期待したいですね。