細かく購入した物品や契約した携帯・SIM等の項目も入れると、何が何だか分からなくなるので、随分と端折って掲載しています。

開業半年前からは計画的に動きましょう。

  必要な項目 個人的な項目 購入物品
H27.04   ・色々な問題を解決したり、成長する次へのステップは「起業」かなと感じ始める。  
H27.07   ・占いで起業すならH29.02以降と言われる。  
H27.08   ・セミナーを受け、ケアマネの仕事が初めてサービス業と認識し、サービス業の奥深さを感じる。専門職以前にサービス業としての教育が必要と認識。絶対に居宅介護支援で独立しようと決める。  
 H27.11   ・ たまたま参加した、介護のイベントのお手伝いで、久しぶりに社長ケアマネの方にお会いし、起業の話に。

持ち家なら自宅兼事務所を勧められ、自宅での開業を決める。

 
 H28.02     ・ 先輩社長ケアマネジャーより、机の寄付「感謝です!」
 H28.03      ・先輩社長ケアマネジャーより、オフィス機器の寄付「感謝です!」
 H28.05   ・尊敬するコンサルティングの先生の本を買う。感想応募で特典の1位の面談が当たる!!!やったー! ・経理の本

・ホスピタリティーの本

 H28.06 ・横浜市のサイトから居宅介護支援の新規申請の書式をダウンロードし作成できるところから作成開始。  ・日ごろから人の質を一定に保ちたいと考えており、人に依存するのではなくマニュアル(価値基準)に依存会社にしたいと考える。それができて初めて、基本的な基礎ができ、専門性の領域に足を踏み込める為、実践に即したマニュアル作成開始する。  ・センサーライトの取り付け工事

・液晶付きインターフォンに変更

・代表印3点セット

・椅子や書庫

 H28.07   ・IDECのセミナーに参加  ・PC購入
 H28.08 ・法人設立のため、行政書士事務所に連絡。  ・コンサルティングの先生と特典の面談。相談事や意見をいただいたりする。当然ですが、とても学びの多い時間でした。  ・SOHO用の複合機

・PCデスクトップ

オフィスホーム&ビジネス

・外付けHDD

・セキュリティーソフト

 H28.09 ・行政書士事務所に訪問。株式会社設立の相談。  ・IDECの4回セミナーにスタート  ・来客用湯呑茶托セット
 H28.10   ・印鑑証明2通と法人印セットを持参し、行政書士事務所訪問。    ・地図(2区分)

・ビジネスフォン

・オフィスA契約

・ネット回線2F→1Fへの移転工事

 H28.11  ・株式会社設立(11/1登記)

・法人通帳作成→まずは信金がお勧めです。手堅く信金!

・電話番号が確定したので、事務所の写真を撮り、その他の指定申請に必要な書類を作り終える。

 

・すぐに法務局に行き数枚の登記簿謄本と印鑑証明を取得。携帯電話やSIM契約、各種個人から法人への名義変更、通帳作成に使用する為。

・土地建物の登記簿謄本も取得(自宅兼事務所なので、指定申請で必要です。

 ・社判作成、購入

・事業所賠償責任保険加入

・電動自転車

H28.12  ・指定申請のため市にTEL→新規申請の予約をする。

・新規申請の為、市で必要書類を持参し面談。資料の不備があり。

不備があっても大丈夫。補正期間内に直しても持参すればOK

 ・税理士と契約→できれば法人設立前から税理士さんと会って色々な話を勧めたほうがいいです。私は結構無駄な動きをしていました。

・日本政策金融公庫に融資の相談。

 ・原付

・ケースファイル100冊

・指定申請収入印紙

・ノートPC購入

・携帯電話契約

H29.01   ・日本政策金融公庫に創業計画など提出、面談。

・介護労働安定センターとIDECにて、助成金の相談。

 ・地図(1区分追加購入)

・タブレット購入、格安SIM契約

・相談室備品

 H29.02 ・開業    ※文具やたこ足配線等、多くの消耗品を1年ほど前から購入しています。この金額はかなりかかります。