ケアマネを2年ほどやった時、数字ばかり言われるし、転職ばかりしていたし、仕事に対してもとーーーっても冷めていました。

 

転職もしたくないという思いで、再度転職した際に、一から本気でやってみようと思ったんです。

転職は、これで最後だっていう気持ちです。

 

給料がどうだとか言わずにやってみようって思ったんです。

 

そこで初めて謙虚になり、真剣になったのだと思います。時間がたつにつれ仕事が楽しくなってきたんですね。これにも驚きました。

 

気づいたら連絡会の役員とかもやらざるを得ない感じになり(笑)

 

連絡会も最初は嫌だなと思っていましたが、やるからにはちゃんとやりたいと思い普通の仕事の感覚で取り組んでいました。そうすると不思議と楽しくなるんです^^

 

向いていたのかもしれませんが(笑)

 

楽しくなってくると、多くの人と出会ったり、紹介してくれたり、アドバイスをくれたり、支援していただいたりと、一気に広がったんです。

 

私の言っていることが全てに当てはまらないかもしれませんし、今後私が独立型居宅介護支援で成功する保証ありません。

ですが、介護業界の社長さんや、介護業界以外の方と沢山の出会いがありました。この数年間で、起きたことは紛れもない事実です。

 

何かの本に書いてあったんです。本当に好きなことを見つけるには、

『目の前のことを一生懸命取り組め』って。

 

これが唯一やるべき事であり、これ以外ありません。

 

一生懸命に取り組むと壁にぶつかるので、次への課題が見えます。その課題をどんどんクリアーしていくと更に高次な壁にぶつかります。気づくと自分が成長していました。私がやったことは、単純に一生懸命に取り組んだだけです。

 

やってるよ!と言われそうですが、やっているとやっているつもりでは意味も違いますし、ついてくる結果も違います。

 

今の現状をみて、それを受け入れ、考え方や行動をどう変えるか?これをできる方は多くはありませんが、とても大事なことです。

 

私は自分を直視するのが怖いのですが、8年間ほど管理者をやったので部下がいる手前、自分のダメな部分を棚上げにしたり、筋の通らないことをゴリ押ししたりする訳にはいかなかったんです。してたらすいません(笑)

 

比較的自分の結果から逃げられない状況だったのだ思います。

そして、この仕事が好きだったんでしょうね。放り出さずにやり続けたので。

 

だから起業しようって思ったんでしょうね?

 

自分自身を振り返って、少なからずステップアップしている気がするので、ひとまずOKです!

 

一緒に働いてくれた仲間にも感謝です。結構無礼なことも言ったりしましたが、一緒に働いてくれて育ててくれてありがとうございます^^

 

 

人とのつながりが何よりも大事です。何かあっても助けてくれるのは人です。

仲間に何かあったら、是非助けてあげてください。

 

横のつながりこそが、状況を変えてくれる一つの要素です。ぜひ意識してみてください。

きっと状況が動き出すと思います。

 

 

 

事業開始から半年が経過して感じること

自分が社長になって思い描いたものをやりたい、と明確なものがあるのであれば、何も待たずに起業するのがいいと思います。ですが、なかなかそういう人は少ないと思います。

 

目の前の事を一生懸命やって、もうケアマネとしてある程度昇りつめた。会社の中で上に行くのではなく、ケアマネとして成長したい、アホな人間関係につかれた(笑)と思うのであれば、居宅介護支援での独立をお勧めします。

 

経理、営業、資金繰り、不安等、大変であることは間違いありませんが、ただのケアマネには見えていなかったものが見えてきます。お金の価値にも大いに気づきます。

悪いことばかりではなく、良いことも沢山あります。

 

少しでもこのサイトが参考になればうれしいです^^

仕事の合間に時々更新してます^^